プレスリリース
2018年3月30日
株式会社GYAO
ヤフー株式会社

「GYAO!」で配信中の各地域のテレビ番組を対象に
『第3回ご当地テレビ大賞』受賞番組が決定!
~新設5部門の受賞作品のほか、「Yahoo!映像トピックス賞」も発表~
特設サイトURL: https://gyao.yahoo.co.jp/special/gotochitv/

株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」は、各地域のテレビ番組を無料で楽しめる『ご当地テレビ特集』を展開しています。このたび、本特集で配信している番組から人気番組を選ぶ『第3回ご当地テレビ大賞』が決定しましたので、お知らせします。受賞番組は以下のとおりです。

大賞タイトル.png

<『第3回ご当地テレビ大賞』受賞番組>

「ご当地テレビ大賞」(1作品)
「拝啓、つぶ神さま」(中国放送)
URL: https://gyao.yahoo.co.jp/p/10160/v00002
tsubugami_title.JPG

(C)中国放送

・選出方法:
2017年4月1日(土)~2018年2月28日(水)の期間中の再生回数が最も多かった番組を選出

・受賞理由:
つぶ神さまが視聴者の投稿動画を対象にオモシロ判定を行うバラエティ番組。ワクワクするような切り口の動画が多く、日常にありそうな親近感が沸くシチュエーションが視聴者の心に響き、見事大賞に輝きました。

■部門賞(※今回より5部門新設)

・部門賞の選出方法:
2017年12月1日(金)~2018年2月28日(水)の期間中において各部門のノミネート番組から映像再生回数・映像再生時間等の総合評価により選出

「お笑い・バラエティ部門」(1作品)
「ごぶごぶ」(毎日放送)
URL:https://gyao.yahoo.co.jp/p/11141/v00031/

・受賞理由:
ダウンタウン浜田雅功さんと豪華ゲストの掛け合いが、関西に留まらず全国のユーザーに熱く支持され受賞しました。

gobugobu.jpg


(C)MBS

「街ブラ・グルメ部門」(1作品)
「ぶらり ! 民鉄の旅」(青森朝日放送)
URL: https://gyao.yahoo.co.jp/p/11148/v00001/

・受賞理由:
鉄道からの青森ののどかな風景や各地のおいしいグルメ、スポットを紹介。そのほっこりする映像がユーザーに癒しを与え、受賞しました。

mintetsu.jpg

(C)ABA青森朝日放送

「音楽・アイドル部門」(1作品)
「SKE48の岐阜県だって地元ですっ!」(岐阜放送)
URL: https://gyao.yahoo.co.jp/p/11037/v00001/

・受賞理由:
「GYAO!」特別編を毎回独占配信。全国のユーザーに、より魅力的な内容をお届けした結果、ユーザに支持され受賞しました。

SKE.jpg


(C)Gifu Broadcasting System, Inc.


「ドキュメンタリー部門」(1作品)
「工場へ行こうPART2 AMAZING FACTORY」(テレビ愛知)
URL: https://gyao.yahoo.co.jp/p/11162/v00001/

・受賞理由:
食べ物から乗り物、布団まで幅広い工場を取り上げ、安定的にファンを獲得し受賞となりました。

工場へ行こうサムネール01.jpg

(C)テレビ愛知

「アナウンサー部門」(1作品)
「TNC女子アナ自撮りトーク」(テレビ西日本)
URL: https://gyao.yahoo.co.jp/p/00824/v09338/
・受賞理由:
視聴者からトークテーマを募集、女子アナ同士ならではの赤裸々トークが男性ユーザーのハートを掴み受賞となりました。

女子アナ.jpg

(C)Television Nishinippon Corporation.


「Yahoo!映像トピックス賞」(1作品)

「住まいのダイエット」(朝日放送)

・選出方法:
2017年4月1日(土)~2018年2月28日(水)の期間中において、『ご当地テレビ特集』で配信の45局108番組の中から、「Yahoo!映像トピックス」にて最も取り上げられ、再生数が上昇した番組を選出

・受賞理由(Yahoo!映像トピックス編集担当コメント):
物があふれて困っている家を、片付けのプロが訪れてアドバイスする「住まいのダイエット」。誰にとっても身近なテーマである「片付け」。すぐに取り入れやすそうな収納テクニックは毎回、目からうろこでした。「Yahoo!映像トピックス」の視聴者にも困っている人が多かったのでしょうか。プロの的確なアドバイスと家が見事に片付いていく様子に反響が集まりました。

sumai_diet_20170321-162256.jpg


(C)朝日放送

「GYAO!」は、今回の取り組みを通して、魅力的なテレビ番組の視聴機会を幅広く提供し、ユーザーと良質なコンテンツとの出会いの場を創出してまいります。